2014年10月13日

ジャズギターのコンピング

ジャズギターのソロもよいけど
裏方に回った時のコンピングがセンスの見せ所?

ロックの場合、バッキングとか言うけど
ジャズの場合コンピングと言って
これが実にカッコいいのだ。

ロックやポップス系など2小節8拍同じコードを延々と鳴らしたりしますが
ジャズのコンピングは1拍づつだったり2拍間隔だったりと
コードヴォイシングを使って演奏します。

いうなればコードのアドリブみたいなもので
裏方に回ってもやってて楽しい。

あとブルースなんかのウオーキングベースも
低音源使ってベース弾きながらコードを刻んでいく奏法なんだけど

これもまたまたかっこよくて
ロックの人も1つくらい覚えておくと
周囲はかなり驚くと思いますよ。

コードの知識も豊富になるので
ジャズのコンピングはぜひおすすめ。



posted by 薩摩ストラト白波キャスター at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズギター練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407057973
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。