2012年12月05日

ジャズギターを初めて思ったこと

音楽理論をいくら勉強してもjazz guitarは弾けない

スケールを練習してもjazz guitarは弾けない

ほんじゃあjazz guitarをらしく弾けるようになるには?

ひとつでも多くのリック(フレーズ)を覚えることです
2 5 1(ツーファイブワン)

理論とかそれからの方が理解しやすいです。


PS/・・
ジャズコードの練習で
インターバルの広い押さえ方をすると
腱鞘炎になってしまったり(僕はなった)しますが
湿布貼って安静にして痛みが治まっても
ギター弾くとまたすぐ痛くなったりもします。

僕はオートバイのトライアルをはじめてから
よくわかんないけど
なぜか完治しました。
絶対悪そう!とか思ったりもしたんですが
結果オーライなので世のギタリストさんも何か好きな運動で
試してみる価値あると思います。
結果指が動かなくなっても僕のせいにしないで下さい
あくまで「僕は」って話です。

Future250でトライアルはじめましょう??
posted by 薩摩ストラト白波キャスター at 11:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャズギター練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
ツーフィブのフレーズのストック大事です。
アプローチノートのフレーズパターンとやはりスケールポジションお勧めします。
コード奏法のパターンって意外と類型化するとアドリブで使えるのが解りました。
日々、勉強しています。
ジョーパスの譜面、勉強になります。
Posted by ヨシスタジオ中園 at 2012年12月22日 00:13
ヨシさんコメントくれてたんですね
きづかず失礼しました。

ジャズギターをはじめたものの肝心のアドリブがイマイチジャズらしくなくて思いあぐねてたところツーファイブの存在を知り使うようにしたところ、それらしく聞こえるではあ〜りませんか。
そんな感じで少しずつ勉強しています。
コーダルな奏法やらモーダルな奏法やら意図的に自由に弾けるよう死ぬまで頑張ります。
Posted by 薩摩 at 2013年02月07日 19:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。