2009年12月02日

7コードなのになぜM7??

コードはm7なので当然セブンスと思い込んでいましたが
jazzではmコードでもソロの際はM7を普通に使うらしいです。
それがかえってジャズらしい響きなんでしょうか。

やはり何事も基本が大事ですね!

ギターはお手軽で誰でも気軽に取り組める楽しい楽器ですが
お手軽なぶん、おろそかになってる部分が
後日、将来に渡って大きな壁となると感じた1日でした。
インターバルの理解ができてない証拠なんでしょうね

ヘタレ薩摩、まだまだ勉強が足りません!


住宅リフォームならaboveへおまかせ
アパート、マンション、現状回復工事からハウスクリーニングまで
一括受注。お電話1本大家さん手間いらず。
posted by 薩摩ストラト白波キャスター at 22:21| Comment(30) | TrackBack(0) | ジャズギター練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしは小学五年生の時にクラシックギターを近所の市民会館で一年だけかじりました。クラシックというのは譜面読むのを覚えるだけでコードとかその概念とかまるで教えてくれませんでしたので(小学生でそんなこと言われていたら逆にすぐにやめてたでしょうけど。)しじゅう臭いで宮之上さんの所に行くまでただ何も考えずに半年に一回ぐらい触ってましたが(なので弦はいつも完璧に狂ってました。)このまま死んではいかん、それもどうせならあの難解なジャズというのに挑戦したろかい!なんぼのもんじゃい!と言うのが発端でした。で、、、やっぱり人間気合いだけではダメという事が身に染みる今日この頃です。私は耳も頭も悪くおまけに怠け者なのでほんとに全然ダメです。過大評価ダメですよ。ヨシさんのように高校生の時からナベサダの理論を学ぶ姿勢のある方とはそも訳が違います。

さてこの件は一番わかりやすい例はメロディックマイナースケールだと思います。というのはメジャースケールと違いマイナースケールは結構たくさんありサツマさんがおっしゃってるのが7thが短七度のナチュラルマイナーだからなのでこれが長七度になり他の構成音がナチュラルマイナーとまるっきり同じなのがメロディックマイナーです。あっ私もそう思ってましたが長短調性を決定するのは実は七度ではなく三度です。なのでマイナーである短三度と長七度の組み合わせのマイナースケールもありこれがそのメロディックマイナーです。ややこしいっすけど。説明へたですみません。
Posted by TG at 2009年12月03日 00:31
keyがCmの場合、

ナチュラルマイナーがドレミ♭ファソラ♭シ♭ド

CmのドミナントコードをG7に(コード進行をスムーズに)して出来たのが

ハーモニックマイナーでドレミ♭ファソラ♭シド

ここで、シ、(M7)がでてきます。(シドという流れのシの音がリーディングノート)
さらにメロディアスに(メジャーに近くなった)したのが

メロディックマイナーでドレミ♭ファソラシド

ちなみにツーファイブなどのセブンスコードのときマイナーコードに解決する場合はハーモニックマイナーの5番目の音から並べたスケール、Hmp5(ハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウ)かメロディックマイナーの7番目の音から並べたスケール、スーパーロクリアンを使うとよりジャズっぽくなります。テンションが多く含まれます。
セブンスコードがメジャーコードに解決する場合はメロデイックマイナーの4番目の音から並べたスケール、リディアン♭7スケールがジャズィです。

というわけで、3種類のマイナースケールの運指は大事です。ギタースケールの本が沢山でているので練習することをお薦めします。

トニックマイナーの場合、マイナーメジャ−7コードのときをのぞいてM7の音をロングトーンで使わない方がよいようです。8分音符以下がよいようです。
Posted by ヨシスタジオなか園 at 2009年12月04日 00:27
すいません。追伸です。
Hmp、ハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウはハンプファイブ
スーパーロクリアンはオルタード
と呼ばれることが多いです。
マイナー型のツーファイブでもメジャーコードに解決する場合も結構あります。そのときのセブンスコード(オルタードテンションを含む)も上のスケールが使われます。

altDm7-G7(♭9) altDm7-G7(♭13)とか

いづれにしてもジャズ系の人はオルタードを
どんな場合でも使うことが多いようです。
Posted by ヨシスタジオなか園 at 2009年12月04日 07:05
TGさんへ
おはよございま〜す!
おやじは朝が早いです(笑)

なりそめはクシックギターだったんですね
それだと譜面には強いでしょう
僕はロックギターのハードロックや蛇メタからだったので楽譜にはほとんど無縁でした。
まぁ歳も歳だしいつまでもヘビメタはねぇだろうってことでジャズギターに転向したんですが
やはりジャズうんぬんよりも
音楽的な基礎となるものがほとんど皆無なので一から勉強しているような有様です。
やはりジャズギターを本格的にやる上で
TAB譜頼りはNGですね!


コード長短を決めるのは3度に有りでしたね
書き方が悪かったです
セブンスのことだったです(汗)

で、セブンスコードの7が♭なのにソロでM7だと半音階同士で音がぶつかるんではないかと思い(コードトーンではないから)
当然♭7を選ぶべきと思っておりました。

でもジャズギターの曲をコピーしていて
ふと気づくと、いきなりM7から弾き始めるってのが多々あり
さして気にもしてなかったんですが
でもなんでだろ?と次第に疑問となりました。
今までは疑問にも思わなかったことが
?となったと言うことは少しは僕も成長しているみたいですね(笑)

説明ありがとうございました(感謝)!

Posted by 薩摩 at 2009年12月04日 07:30
ヨシさんへ

おはようございます!
詳しい説明ありがとうございます。

スーパーロクリアンは初耳です
ちと調べてみます。
と思ったら追伸でオルタードと呼ばれてると
書いてありましたね。

運指が大事とありましたが
運指まで指定しているスケールの本って
ありますか
探せばあるのかな・・
明日にでもさがしてみます。
ヨシさんが使っているモノでお勧めがありましたら教えて頂けるとありがたいです。
ついでにヨシさんのブログでヨシさんの音を聴いてみたいです♪


Posted by 薩摩 at 2009年12月04日 07:45
うーん。運指ですか。スケールで勉強しようとすると上から下へスケールの音を行ったりきたりしてしまいますよね。なのでほとんど使えないっちゅうか。なので一番早いのはオルタードとかHP5とかよく出てくるフレーズをそのまんまコピーしてしまい2-5-1でなんせ入れてしまうのが早道と思います。HP5だとトニックマイナーに解決先が限定されるのでオルタードの方がいいのではないかと思います。(ちなみに僕の通っている道場ではまずこれを枯葉に当てはめてやります。)そうはいいながら僕は理屈的にはオルタードとメロディックマイナーとリディアン7thははじめの音が違うだけで同じだと頭では理解しているものの実際メロディックマイナー(はまだまし)やリディアン7th(こいつはぜんぜん駄目)を弾くとなるとただの音の上げ下げになります。
Posted by TG at 2009年12月04日 11:24
あっとすみません。ヨシさんがおっしゃるようにHP5が必ずトニックマイナーに解決というのではないですが一般的にと言う意味です。ややこしくてすみませーん。
Posted by TG at 2009年12月04日 11:34
フレーズねたはあればあるだけ表現力がついてくると思います。
あらかじめ、運指をマスターしておくと、
ひとつのフレーズネタから色々とバリエーションを作る事ができると思います。
ほとんど手くせのようになるまで弾き込むとものになるんではないでしょうか。

日々、練習です。最近はジョーパスをお手本にしています。
Posted by ヨシスタジオなか園 at 2009年12月05日 10:43
TGさんへ

今日は久しぶりにフルネームですw
なぜなら久しぶりにヨッパです。

TGさんのおっしゃる通りスケール練習をするとソロの時、上下するだけと言うか
そんな感じになるのはよく理解出来ますし
僕もそうです!(恥)
その上がり下がりが指癖になってしまったり・・。
しかしながら、そのスケールに休符やら何やらリズム的に変化させる方法もわかってはいるのですが
自分で作ったフレーズはどうもカッコよくないと言うか、そんな感じでボツになってしまいます。(まるで自分の声を録音して初めて聞いたような衝撃みたいな)w

で、結局カッコイイなと他所様のフレーズをパクッてみたりとかするんですけど
なんだかこれが本当のアドリブ??
なんて考えてみたりすると次に進めません。

考えるだけで次に進めない状況が続きますが
いかんですね、これは。

でも、ジャズを覚えるには今のハードルを越えないといかんと思ってるのですが
まだまだ先の話になりそうです。

今後とも末永くよろしくです♪
Posted by 薩摩ストラト白波キャスター at 2009年12月07日 23:24
ヨシさんへ

いつもためになるコメントありがとうございます。

スケール練習をして、それをいかにリズムを変化させて弾けるかということですよね
最終的には。

僕はスケールを1小節に何個突っ込めるかみたいな、音価のない羅列ばっかりやってきたので
そこそこ指は動いても
つまらんことに熱中してたなと思う今日です。
なんせ運動会のかけっこには1番にならんと
気がすまない人でしたからw

墓地墓地かけっこはやめて
奥深いところをさぐってみたいなと
最近は節に思っております。
またよろしくお願いします。

Posted by 薩摩ストラト白波キャスター at 2009年12月07日 23:35
指が動くってのは何よりと思います。名のあるギタリストはへたっぴと呼ばれる人でもなんだかんだ言って滅茶苦茶指が動きます。私は特に右手に難がありオルターナティブピッキングがうまくできません。
して上に書いたオルタードですが僭越ながら代表的なフレーズを書いておきます。

(♯9-♭9-R-♭7-♭13-♭5-M3-♭3-R)でM3のみオルタードから外れますがクロマチックですね。
運指ですが例えばGがキーとすると5度がD7ですからD7オルタードになります。そのとき小指で2弦の6フレット-中指で2弦の4フレット-人差し指で2弦の3フレット-薬指で3弦の5フレット-人差し指で3弦の3フレット-中指で4弦の4フレット-人差し指で4弦の3フレット-小指で5弦の6フレット-薬指で5弦の5フレットという具合です。これをAm-D7-GMのD7のところに8分音符でタカタカタカタカ(タ→最後んはGMの5度です。)
一度お試し下さい。結構気持ちいいっすよ。おおお!ジャズっちゅう感じっす。
Posted by TG at 2009年12月08日 13:10
TGさんこんばんは〜
オルターナティブピッキングとは
往復のピッキングですよね(確認)
それかJazzGuitarでは何か他に秘技があったりして??

そのフレーズ試してみますね♪
有益な情報ありがたいです!
でもまだその域に(レベル)達してないような薩摩ですが遠慮なくゴチになります。

PS/最近ふとおもったんですが
   コメントで楽譜が貼れたり書けたりするような機能があれば楽ですよね。
提案してみようかな(^^♪
Posted by 薩摩 at 2009年12月08日 22:31
サツマさんおはよう御座います。さいです。オルタネートピッキングというんでしたっけ?要するにそうです。往復です。ピッキングって難しくないですか?私だけですかね?私の先生は逆アングルピッキングといってジョージベンソンがやるように弦の下からピッキングしており、しかしまねしても早く弾けません。私はピッキングの際は小指をピックガードにつけるのでですが先生はどこもつけません。結局のところ早く弾くためには右手のどこかが支点となりそこを中心としてピック(もしくは指)が動くということなのでしょうがどこを支点にすればよいのかがまだ見つかってません。人によっては手首の真ん中のようにおもいますし、また他の人は親指の付け根のような気もします。四の五の言ってないで練習せんかい!というのが聞こえてきますが気のせいでしょうか?
とは言えもしヒントありましたら下さい。
Posted by TG at 2009年12月09日 09:55
TGさんまいど!♪

ピッキングの件了解です。

そうですね、ピッキングって多種多様なスタイルがあってどれとは一概には言えないですけど、ギターを速く弾く人たちの共通点は手をギターにつけてない方が多いようです。
手首ぶらぶら状態の方が多いと思います。
で、それを真似すると実につまらない個性の無い音楽になりそうなので
自分流がいいと思いますよ♪
もちろん参考にしたうえでの話ですが。

今日は久しぶりにギターを弾いてみました(><;
最近理論先行でしたので
現実としてギターを持ったわけですが
理論=脳と演奏技術=身体が一致しませんでした(笑)

結局このブログをはじめてからの2年間
ほとんど進歩なしです

結論としまして
来年は能書きは後回しにして
「弾くこと」に重点を置きます。

コピーでもパクリのまんまでも
弾きまくりの精神で行こうと思いました。
冬休みを利用して枯葉を録音してみますので
また聴いてみて、コメントよろしくです。

PS/>四の五の言ってないで練習せんかい!というのが聞こえてきますが気のせいでしょうか?

ジャズギターの先輩、しかもM道場に通っているいる方にとんでもない^^;

ともにエンジョイしませう♪
Posted by 薩摩 at 2009年12月10日 00:52
サツマさま。なぜかコメントが飛びませんでした。今度は飛ぶのかな? そうですね。 この前ライブをみたら手首ぷらぷらで親指と人差し指は弾いていない瞬間ははなれている人みました。あれはマジックですか?それとの粘着性のある皮膚っすかね?いずれにしろ力が入っていないのがよく分かりました。これを解決すればぺんぺんの解消にもなるのではと思います。精進します。(瞬間的かも)
Posted by TG at 2009年12月10日 19:09
ユーチューブで
Joscho Stephan 検索してください。

どうだぁ〜! みたいに弾いてますw
Posted by 薩摩 at 2009年12月10日 20:07

PS
コメントがはじかれるのは
禁止ワードがあります。

僕もたまにはじかれて
イライラしています(爆)
Posted by 薩摩 at 2009年12月10日 20:09
サツマ様。おはよう御座います。そうなのですか。シモネタ系は入れてなかったっすが。それともないから駄目なのか?枯葉楽しみにしてます。私も最近たまに弾きます。しかし考えれば考えるほどに何でもありの気がします。前にも書きましたがGmでもB♭でもどっちでも一発でいいかもと思いますしとすればこれはB♭のダイアトニックのB♭-Cm-Dm-EM-F7-Gm-Am♭7ならば何弾いてもいいし(コードの機能性はいりますが)2−5−1をまじめにひいてもいいし、仮にGmを想定してこの前にも出てきたメロディックマイナーに基づくソロやダイアトニックもよろしかろう(ってそんなに簡単ではないですけど)と頭の中では思います。しかし・・・サツマさん仰るように頭と身体は別物。私はあと10年はかかるかな。あっリズムもあるのであと20年は必要。すでに死んじゃってますかね?
Posted by TG at 2009年12月11日 10:21
暇なので枯葉をGmのメロディックマイナーのダイアトニックだとどうなるか考えてみました。(仕事中ですが。)
まずGmのナチュラルマイナーだとダイアトニックコードは;Gm7/Am7♭5/B♭M7/Cm7/Dm7/E♭M7/F7/Gm7のところメロディックマイナーにすると; GmM7/Am7/B♭M7♯5/C7/D7/Em7♭5/F♯m7♭5/GmM7となります(あってるのかな?)。ってどないして弾いたらいいのかと思ったら結局はGmのメロディックマイナーもしくはF♯のオルタードかC7のリディアン7th(全部一緒ですがポジションが違うので)ちゅうことになるわけですな。ふむふむ。これを3度のトニックでB♭M7♯5を分散で弾くとかするとおおおっという事になるんでしょうね。これは後60年ぐらいかかりそうです。
Posted by TG at 2009年12月11日 17:30
サツマさん

ご無沙汰でーす。
来年もよろしくおねがいします。

TG
Posted by TG at 2009年12月28日 12:30
TGさん、こちらこそコメントもしないで
申し訳ないです。

年が明けましたらまたゆっくりレスさせて
頂きます。
色んな事を教えて頂きありがとうございました!
また来年も、根性無しオヤジがんばります!
良いお年をお迎え下さい!!


Posted by 薩摩 at 2009年12月28日 21:38
サツマ様

明けましておめでとう御座います。

さて私はこの正月犬の散歩に行く以外はどこにも行かなかったのでピッキングの改善を主眼としてなにかしら難しいのを一発!と思いDonna Leeに挑戦しました。これはチャーリー・パーカーが作曲したといわれてますがマイルスがあれは自分が作ったと言い張っているようです。が真偽のほどは定かではありません。挑戦と大層に言いましたがアドリブをコピーというのではなく単にメロディーです。しかしこのメロディーが難しいのなんの。しかしカッコいい。しかし弾けない。5日間ほどかかってやっとこさ音が拾えましたけど未だにカメです。メロディーというかあれはラッパのアドリブに近いのりで作ったようなかんじですね。ああ指が痛い。ということで今年もよろしくお願いします。
Posted by TG at 2010年01月07日 14:52
TGさん、明けましておめとうございます。

僕は北陸の旅へ行って参りました
大雪で雪が真横に流れるように降っていたのは驚きでした。
それよりも何よりも焼酎の薩摩白波900ml
が6500円もしたことに驚きました。
そのへんのスーパーだと900円くらいなんですが温泉地ともなるとボッタくりますね。
あわら温泉のぐらばあ亭というとこなんですがね(笑)

ぐらばあ亭 ぐらばあ亭 ぐらばあ亭
ボッタクリ ぼったくり ぼったクリ

↑このくらい書いておくと検索ロボットが拾ってくれると思うので
あとは良きに計らえですww

さてDonna Leeという曲を知らないので
早速ユーチューブで視聴してみました。
何やらむずかしそうですね!
枯葉もまだろくに弾けない僕としては
一生弾けそうにもありません

でも5日間も練習出来てよかったですね
僕なんか集中力がないので
せいぜい10分くらいです(><;

いや〜、年とともに下半身も衰え
何もかも沈没しそうですw

また1年よろしくです!
Posted by 薩摩 at 2010年01月07日 16:26
サツマ白波が6,500円とはひどい。

ぼったくりの宿はぐらばあ亭というのですね。僕ももう少し協力します。

ぼったくり ぐらばあ亭 ひどいぞ ぐらばあ亭 責任者でてこい ぐらばあ亭

Donna Leeは一日少しずつ早く弾けるようになってきました。腱鞘炎になりそうです。


Posted by TG at 2010年01月12日 11:19
TGさん,ご協力ありがとうございました。(笑

Donna Lee頑張っているみたいですね♪
腱鞘炎なると1月以上治りませんよ!!
気をつけてくださいね
お互い年なんだから(笑

ところでDonna Leeは誰の演奏が好きですか
もちろんギタリストの話です。
Posted by 薩摩ストラト白波キャスター at 2010年01月12日 12:39
そうですね。気をつけます。すぎたるは及ばざるが如しっすね。
Donna Leeは実はメロディーをマスターするのにラッパでは音が分かりにくいので渋谷のツタヤでギターで探したのですが結局John Tropeaしか見つかりませんでした。これはこれでいいのですが私一番気に入っているのが、ギターではないですがJaco Pastoriusのデビュー作のが好きです。是非トライしてください。メロディーというかアドリブみたいなので、たくさん格好いい2−5−1のフレーズが入っているのでリックとしても使えると思います。(って難しいからアドリブにいれるには私ももう少し時間かかりますが。)
Posted by TG at 2010年01月12日 16:18
最高です!
大好きです。たまにCDを出しては聞いています。
天才は早死にするのが運命なのでしょうか。
今生きていたらどんな音楽を残していたのでしょう。
あらためて、フレーズを聞き直しています。

燃えてきました。
Posted by ヨシスタジオなか園 at 2010年01月12日 19:06
おお!!しかし燃えすぎてケンショウエンにならぬよう。あれ?どっかでおんなじ事聞いたような?
Posted by TG at 2010年01月12日 22:18
Jaco Pastoriusですね!
どんな曲なのかユチュブで検索したら
Jacoばっかりヒットしたけど
これは違うだろうとパスしてました!

思わぬ落とし穴があったようです
聴いてみます。
情報ありがとうございます!
Posted by 薩摩ストラト白波キャスター at 2010年01月13日 21:18
ヨシさんが燃えてきたってことは
相当素晴らしいんでしょうね!

薩摩ストラト白波キャスター、
とりあえず枯葉がまだなんで
枯葉から・・
自分が枯葉状態ですけどw
Posted by 薩摩ストラト白波キャスター at 2010年01月13日 21:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。